学校施設の化学物質調査をしました

2004年12月2日 15時08分 | カテゴリー: 活動報告

宮前ネットでは、8月に宮前区内の全小中学校を対象に化学物質を調査しました。
市教育委員会では、シックスクールの原因となるホルムアルデヒドの濃度などの調査を実施していますが、ネットでは、もっと身近で日常的に使用している清掃用のワックス、手洗い用の石けん、トイレの消臭剤、図工や技術科で使う接着剤などを調査したものです。
調査項目の内、接着剤に関する調査結果をお知らせします。
各学校で使用している接着剤:化学物質過敏症の原因と考えられる物質
1. 木工用ボンド:酢酸ビニール樹脂
2. ブッシュボンド:アクリルエマルジョン、アクリル樹脂
3. セメダイン:スチロール樹脂、有機溶剤アセトンシクロヘキサン酢酸ブチル
4. ホットボンド:酢酸ビニール系樹脂
学校で使用している接着剤で可塑剤を使わないなど化学物質過敏症対策をしている接着剤
1. 木工用ボンドCH18
2. 木工用ボンド健康住宅対応
調査の詳細は、宮前ネット調査担当の佐々木由美子まで