渡辺 あつ子 政策発表会をしました

2005年10月6日 00時23分 | カテゴリー: 活動報告

市民がきめる 市民がつくる 宮前

10月2日、宮前市民館にて「渡辺あつ子 政策発表会」を行いました。
60人弱の方に参加頂き、沢山の方から様々な課題を頂きました。
・子育て支援
  税の不平等が、子育て支援の差を生んでいる現状
・子どもの力を活かす支援
  プレイパークを主催していると、子ども本来の力を発揮するための活動に、制限がでてきてしまう今の公園の現状
・シックスクール対策
  子どもの体を考えているとは思えない、学校の対応
・高齢者福祉
  医療と福祉のネットワークを活かした在宅介護の必要性
・地域からの平和
  地域と地域を結ぶことで、互いを知ろうとする、平和へのみちのり
そして・・・
・地域がつくる、地域の環境
  宮前区内に建設予定の公衆温泉について
  学校の正門の前に、130台収容のマンションの駐車場
  こんな、計画で、本当にいいの・・・?
  事業者が、行政がまちをつくるのではく、私たちがつくるま  ちにしていくために・・・

などなどの、ご意見を頂き、渡辺あつ子から、

市民がきめる 市民がつくる 宮前

子どもが安心して暮らせる宮前

について、話がありました。
誰かに頼るのでなく、自分たちで考え、そして市民が
制度を創っていくこと。このことが、暮らし続けたいと思える宮前になっていくことを、確認できた政策発表会になりました。