市民立憲に基づく議論を

2014年6月29日 07時49分 | カテゴリー: 活動報告

 政府は集団的自衛権を行使する為に、憲法解釈の変更に向け閣議決定しようと協議を進めています。県内をはじめ様々な自治体では慎重審議を求める意見書を可決していますが、その内容は市民の意思と無関係に一内閣が憲法解釈をかえる事は出来ないというものです。
神奈川ネットは、2004年市民立憲フォーラムに参加し憲法を自由に論じ合い自分たちの生活の価値観に合わせてなじませていこうという議論に参加してきました。市民立憲フォーラムでは憲法は自分たちの生活ルールに合わせていく事、このルールに基づいて政府を作っていく事としています。今回の政府の進め方はまさにこの逆をいくもので到底容認は出来ません。市民立憲に基づいた討議を進めていくべきと考えます。