平和への市民政策を現場から提案

2015年7月24日 20時48分 | カテゴリー: 活動報告

 ローカルパーティ神奈川ネットワーク運動・宮前は、1983年市民の代理人を議会に送り出し、生活課題の解決、提案に向けて活動をはじめました。議員第1号の寺田さんは平和運動を原点に環境問題に取り組んでいました。ローカルパーティ神奈川ネットワーク運動・宮前はこの間、人と人、地域と地域をつなげることで市民から人間の安全保障をつくろうとWE21ジャパンみやまえを立ち上げ、平和への市民政策を現場から提案してきました。安倍政権は安保法制の衆議院における強行採決をし、週明けには参議院での論議を進めるとしています。改めて強行採決に抗議し、撤回を求めます。