ミニフォーラムを開催しました~宮崎台北口の安全対策は?~

2017年5月15日 10時50分 | カテゴリー: 活動報告

 東急田園都市線の混雑ぶりはネット上でも話題になるほど、朝夕の通勤、通学のラッシュ時には改札口は勿論のことホームは人であふれ、危険な状態となっています。
そのため、駅北口に隣接する線路沿いの道路は車が対向するのがやっとの場所に、新築のマンションも入居が始まり駅に向かう人も増え、送迎の車と入り混じって、混雑を極め事故の危険性が高まっています。特に雨の日は車の渋滞で駅から出られないほどになっています。

宮崎台駅を利用している宮前ネット会員からの声かけで日頃駅周辺での気になっていることなどが話し合われました。一方通行道路にすることや新しい改札口を作ることなどの対策案などの話が出ましたが、一回り広げて地域に住む人や、駅を利用する人の声を集め、警察や道路公園センターなどに問い合わせてみることになりました。東急電鉄や川崎市にも混雑緩和や人口増加に関する今後の見通しや方針などを聞いていきたいと思います。